やさしいママになりたい!

やさしいママになりたい!―ギノット先生の子育て講座
→This Article of English”I really want to be kind mom!”

やさしいママになりたい!この本を読みながら何回泣いちゃっただろう。

原題は”Liberated Parents, Liberated Children Your Guide to happier family”

あまりに題名がダイレクト過ぎるため
読んでると旦那さんもビックリ。
そんなに子どもたちに怒ってるの!?悩んでるの!?と
心配されたりもしましたが笑。

 

私がこの本を読んで理解したのは

子どもたちは、私が言ったことから学ぶのではなく
私が普段していること、私のやり方、生き方を見て
自分なりの生き方を模索し学んでいくのだということ。

例えば、ママが「これをしなさい」と言って
子どもたちが言うことを聞かなかったとき
怒りのあまりに鬼軍曹さながらの口調と威圧感で
「それをしないならチョコレートはナシっ!」と脅したり
猫なで声で言うこと聞いたらご褒美をあげるなどの交換条件で
彼らをコントロールしようとしたら

ママは子どもたちに
”これからの人生で、思い通りにいかないことに直面したら
脅したり、交換条件を付けて、人をコントロールするんだよ”

ということを伝えていることになる。

あるいは、ママが忙しくて爆発しそうなときに
そのイライラを押し殺して
ひきつった笑顔で頑張ろうと( でもそれはどこかで破綻する )した場合
人生は辛くても自分ひとりで我慢しなければならない
人に助けを求めるのは恥ずかしいことだと
伝えることになる。

でも、思い通りにならないことがあったとき
どんな風に折り合いを付け
不機嫌から笑いに変えられるか
怒りなど辛い感情を、どのように消化し
家族みんなで助け合うのかを
ママである私自身が自ら取り組むことは

子どもたちに
”人生とはなかなか面白いものであり
問題が勃発してもあなたにはそれを解決する力がある”

そして
”人と人は助け合うことができるよ”
と伝えることになる。
そしてその方法も、自然に学ぶ。

この本は、児童心理学者ギノット博士の子育て講座に参加した
ご自身もママである著者の体験談を中心に書かれている。
そのワークショップにはさまざまな境遇のママが参加している。
ギノット先生は、親であるママの悩みを聴きつつ
ママの言ったこと、したことを
”子どもたちはどう感じたのか”
”子どもたちにとってどのような意味をもたらすのか”
について、丁寧に紐解いていく。

本の中には講座に参加しつつも
今までのやり方を変えることに納得がいかないママも登場する。
私も彼女のエピソードを読みながら思う
そりゃそうだよね、彼女からしたら
今までやっていたことだって、良かれと思ってやってきたことだものね…

そのあと、彼女があることを試みて
家族の新しい関係が構築され、息子の発した言葉に
私も涙が出てしまう。

日常のどうしようもない、本当の話に溢れている。
あくまでもママの目線。
著者を含め、登場するママたちは、悩み、学んだことを試し
うまくいくこともあるし、時には失敗することだってある。
学んだことを、それぞれが工夫し
その子どもたちに合ったやり方を探して
家族みんなにとって居心地の良い関係を模索していく。

家族にとって、そして自分自身にとって
居心地のよい家庭をつくる、ということは
ありふれた話のようだけれど、決して簡単なことではない。
特に自分が育った家があまり居心地のよいものではなかった人にとって
(私もそのひとりかな)
一緒にいたい、それが楽しいと思うような家族をつくるということは
真剣に取り組むべき人生の課題、挑戦となる。
でもこの達成することない
永遠に続くかのように思える毎日のことに
できるときにはとても丁寧に、時々ブツクサ言いながら
たまにはキレちゃうことだってあるさ、でも止めないで
向き合い続けるということに、深い感動がある。

ただ、普段はそんなことはすっかり忘れちゃって
髪を振り乱して子どもたちを追いかけたりしているわけで。
思い出すのはこうして本を読んだときや
夕日を見たときや、つまりは少し心に余裕があるときだけだ。

毎日やっていることはささやかで
時々うんざりするくらい地味なこと。
でもその中で、大げさなようだけれど
私は毎日コツコツと世界の未来に参加していて
ちゃんと意味のあることをやっているんだと、本を読んでいて思えた。

それがこの本からの素晴らしい贈り物だったように思う。
本の最後の、ちょっと素敵なところを引用。

(これは著者のエピソードで、悩んでいる娘との大切な時間を過ごした後のこと)

少しの間、娘は私の手を握っていた。
私はおやすみのキスをして電気を消し
部屋を出ようとした。

「お母さん」
暗い部屋の中で、私は娘の様子が手に取るように分かった。
どう言えばいいのか迷っているのだ。
やっと口を開いたとき、その声はとても落ち着いていた。
「私の考えていることが分かる?」
「なあに?」
「ヒトラーの母親がもしお母さんだったら
ヒトラーはヒトラーじゃなかっただろうなって」
-中略-
娘は本気でそう思っているのだろうか。
私が一人で、歴史のたどった道をひっくり返せたかもしれない、なんて。
実は娘は、敬意を表していたのだ。
母親である私に対してだけでなく
人間同士の関わり方
自分と家族に深い影響を与えた、人との関わり方に対して。

この無邪気な娘の言う通りかもしれないと次第に思えてきた。
もしそうなら、もしこのプロセスで生まれる愛情が
本当にヒトラーを防ぐほど大きいのなら
ほぼ誰にでも、希望はあるということではないか!
私は身をかがめてもう一度娘にキスした。
「あなたのおかげで、もっとたくさん考えたくなったわ。おやすみ」
引用終わり

遠くの空から、ギノット先生ありがとうございます。

そして、これらの素晴らしい話を本として世の中にシェアしてくれた
著者のアデルとエレインに、心から感謝を捧げます。

ああ、私もほんとにほんとに、やさしいママになりたーい!!!

Ai
インタビュアー、ブックコンシェルジュとしてラジオ出演、本、アート、グリーフケアに関する執筆活動をおこなう。2013年から東南アジアを中心とした海外と日本を行き来する生活に。日ごとパワーを増す息子たちとの海外生活に奮闘しつつ、だからこそ改めてこんな風に書くことができる歓びを感じる日々。